Lernu Esperanton! 理論的に作られた国際共通語エスペラントを学びませんか

いつか読書する日

いつか読書する日

「いつか読書する日」(2005年)

ある街に生きつづける50歳になる男女、
たたわいもない理由で、惹かれながらも2人はよそよそしく生きている。

男は、プールで溺れそうになったことを彼に笑われたと思って。
女は、交通事故死したその母が彼の父と卑しい関係であったと思って。

遂に一夜を明かした翌日、
男は水に溺れる子供を助けようとし、
自ら犠牲になるのであった。

田中裕子、岸辺一徳

コメント



認証コード4741

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional