Lernu Esperanton! 理論的に作られた国際共通語エスペラントを学びませんか

親指シフトキーボードが来た

カテゴリ:PC

親指シフトキーボードが来た

注文していた親指シフトキーボードが来た。(クリックで拡大)

oyayubi0.jpg

2,480円+送料500円。
以前あったものは、数万円したので、これは安い。

いままで使っていた、JISのキーボードと並べてみた。
(横サイズはいっしょ。段差があるので上が大きく見える)
oyayubi.jpg

DvorakJをインストールしてあるので、
キーボードを入れ替えるだけで、すぐに親指入力が可能。

いままでとのと違って、キーが平べったくなくて高いので、
だいぶ違和感を感じる。
ずいぶんたたかないといけない感じ。

右手がわの入力ミスが多い。
写真を見るとわかるが、従来の右シフトの「変換」キーが
新キーボードの「カタカナ」キーあたりに来るのだ。
それで、「変換」+キーを、「カタカナ」+キーでたたいてしまい、
間違った文字ばかりタイプしている。

DvorakJには、「カタカナ」キーを右シフトに指定する
機能はないようだ。これは残念。

この文章も、ちょっとイライラしながら打ち直している。
両手がきれいにハの字に広がらないで、
右手をくの字のように無理にひねっている。

キーボード自体を、すこし右にずらして置いた。
そのうち、馴れてくるのかもしれないが。

a:212 t:1 y:0

コメント



認証コード8401

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional