Lernu Esperanton! 理論的に作られた国際共通語エスペラントを学びませんか

またubuntuをChromebookに(7回め)・アプリ紹介

カテゴリ:PC

またubuntuをChromebookに(7回め)・アプリ紹介

昨夜、Chromebook上のubuntuで、
ターミナルからいろいろしていたら、
起動できなくしてしまいました。

きょうの昼ごろからtrustyを全削除して
インストールのやり直しです。

このブログに丁寧にやり方を書いていたので
それにしたがってすいすいとやりました。

インストールが終わって
ubuntuを起動してまずターミナルでしたことは

sudo apt-get update
sudo apt-get upgrade

です。

そのあと言語パックをインストールしようとしたら
language-pack-ja.png
このように「最新版が入っている」というのですね。

しかし、このあとためしたところでは、
日本語やエスペラントは設定できませんでした。
したがって、メニューはすべて英語です。

つぎにAnthyを設定しようとすると、
ibus-anthy.png
と、やはり、「ibus-anthyの最新版が入っている」といいます。

起動する設定をしてなかったので、
Anthyが入っていたことはわかりませんでした。

以前のブログにしたがって、しこしこと設定、
日本語入力ができるようになりました。

Ubuntu Software Centerもきちんとできていました。
そこで、不要と思うアプリを削除し、
手慣れたものをここからインストールしました。

Accesoories関係

  1. Leafpadをいったん追加。しかし既設置のMousepadは改行コードをCR LFとWindows同様指定できるので、こちらを使うことに。Leafpad削除。winとのデータやりとりを考えてのこと。
  2. 追加 Krusader

Office関係

  1. 削除 Abiword, Gnumeric, Orage Calendar, Orage Globaltime
  2. 追加 LibreOffice, EBView

Games関係

  1. 削除 Mines, Sudoku
  2. 追加 Mahjongg

Graphics関係

  1. 追加 Pinta

Multimedia関係

  1. 削除 Parole Media Player
  2. 追加 VLC, SMPlayer

Internet関係

  1. 削除 XChatIRC, Pidgin Internet Messenger, NetSurf Web Browser
  2. 追加 FileZilla, Dropbox

System関係

  1. 追加 GParted

Chromium

一度Chromiumを操作してログインすると、
メニューに「Chrome App」というフォルダができていて、
LINEやZoomなどが入っています。
Windowsで使っていたChromeの環境が
引き継がれているわけです。

a:71 t:4 y:2

コメント



認証コード8939

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional