Lernu Esperanton! 理論的に作られた国際共通語エスペラントを学びませんか

フランス語マスターしよう

フランス語マスターしよう

2020年のUK(世界エスペラント大会)が
カナダであることは知っていたが、
そのモントリオールはフランス語の世界だと
奈良での日韓共同エスペラント大会できいた。
(フランス語ではモンレアルという)

ようし、ではフランス語をこのさいマスターするぞ、と決意して、
オークションで古書を何冊か手に入れた。

実は、フランス語は高校2年のときNHKラジオで始めたのだが、
2学期末考査の勉強のためつい中断し、
そのままおわってしまった経験がある。
50年も昔のはなし。

本を手にしてぱらぱら見ていると、
発音するにはほとんど問題を感じない。
意味は単語単語ではわかるものの、
文としてつながらない。

fr-syOtai0.jpg

1960年発行(400円)のこの本をぱらぱら見ていて、
そのほとんど終わりに近い233ページ、
はじめの部分が理解できたのに驚いた。
と同時にうれしかった。

fr-syOtai233.jpg

エスペラントに訳すとこうだ。

S-ro Dubois(djubŭa): Piero, mi havas bonan novaĵon por vi.
 Via onklo Roberto invitas vin akompani al la teatro morgaŭ.
Piero: Ĉu vi permesas al mi ĝin akcepti, panjo?

ま、けっこうフランス語がエスペラントににていることが
おおいに助けにはなっている。

a:51 t:1 y:0

コメント



認証コード7388

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional