Lernu Esperanton! 理論的に作られた国際共通語エスペラントを学びませんか

神馬・総角

神馬・総角

  • 横光利一「神馬しんめ」 1917(大正6)年
    主語がわからず、イラつきながら読んでいたが、
    途中で馬が主語であることがわかった。
    馬の目で見た、ある一日。
    文体は難しい。
  • 紫式部(与謝野晶子訳)「源氏物語 第四十七帖 総角あげまき」
    故八の宮の二人の娘は、
    なかなか薫や匂宮におうみやの愛を受け入れないのだが、
    中の姫と匂宮は薫の誘導でついに結ばれる。
    一方薫の愛を拒みつづけ、妹のことで気を使い、
    神経衰弱になった大姫はそのまま死去してしまったのであった。
    そして四十九日……。

 次のは48帖「早蕨」。

コメント



認証コード4620

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional