Lernu Esperanton! 理論的に作られた国際共通語エスペラントを学びませんか

ナラントール・ザハ、ウランバートル大学訪問

ナラントール・ザハ、ウランバートル大学訪問

モンゴル2日め。

ウランバートルの西方にあるゴールデン・ゴビから
大通りをひがしに、いくつもの大使館をすぎて
東方に位置する、エスペラント大会会場の
チンギスカン・ホテルにいってみる。

途中「花屋」(ツェクェクというみせ)で両替をした。
1万円 = 15万1800T。
交換レートがいいときいていたが、そのとおりだった。

ガタガタした舗装道路をすすむ。
相撲会館という円形の建物からきたにおれる。

ホテルまぢか、途中ひとりの少年がさつたばをみせながら
モンゴル語で「かねをくれ」とひたすらついてきた。

場所確認後、みなみにくだり、ナラントール・ザハ
(バザール)にむかった。
ちかくにあるはずのウランバートル大学に、
ガンツェツェクとヨビョンム教授をたずねようとしたのである。

あまりにもひざしがつよくて、
ザハでひろはぱつきの帽子をかった。
あたまのサイズにあうものがなかなかみつからず、
やっとみつけたのは中国製であった。

ザハをひがしにとおりすぎても、大学らしいたてものはない。
そこにあった商社らしいものの警備員に
英語でこえをかけたが、まるでつうじない。
警備員がなかから女性職員をつれてきて、
会話をするのだが、
これがトンチンカンで、
ほとんど意味がつうじなかった。

ひきかえし、おとどおりをきたにいくと韓国文化院があった。
そこでたずねると、すぐそばだという。

辞去してすぐひだりてに「ウランバートル大学」の看板があった。
さっきくだってきたみちで、
バザールにきをとられて
反対がわにきづかなかったのだ。

※まだつづく。
ガンツェツェク・イビョンム教授・チェギホ総長のはなし。

コメント



認証コード3341

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional