Lernu Esperanton! 理論的に作られた国際共通語エスペラントを学びませんか

はじめてのマレー語でのやりとり

はじめてのマレー語でのやりとり

フェイスブックはそう頻繁にひらくわけではないが、
たまたま別のかきこみをよみにはいったら、
Kuala LumpurのMiraの写真がめにはいった。

あいさつと、今月インドネシアにいったことをかいたら
 (これがはじめてかいたマレー語=インドネシア語の文。「月」をしらなくて、調べた^^;)
すぐにポコッと返信がとどいた。

「何日いたのか」という質問だったので
「7日、Bogorとジャカルタに、エスペラント大会で」
と返事をかいた。
 (これがマレー語で書いた実用文その2 ^^;)

マレー語というのは理由があり、
インドネシア語とつづりがちがうからだ。
「元気ですか?」
Apa khabar? = マレー語
Apa kabar? = インドネシア語

なんか、インドネシア語のひびきになれてきたようだ。
「バタオネのインドネシア語講座初級」も透明テキスト化をおえた。

a:2306 t:1 y:0

コメント



認証コード8153

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional