Lernu Esperanton! 理論的に作られた国際共通語エスペラントを学びませんか

韓国エスペラント旅日記(1)

韓国エスペラント旅日記(1)

十月二十四日金曜日

さて、旅日記を、と思って持参した小型のコンピュータをひらいてびっくり。
ftpもdropboxも設定してなかった。
これでは写真の転送ができない。
MicroSD→標準SD変換カードも持参してないので、
直接カードからとりだすことも不可能。
ということで、文章だけで我慢してもらいましょう。
あとで写真は埋め込みます。
(鹿児島エスペラント会のLINEグループには写真を送っています)

近くのバス停から鹿児島空港へ。3時間待つ。
インチョン到着、カカオトークでイジュンキに電話を試みたが、「接続不安定」ということでつながらず。
高速鉄道に乗る。座った横が日本人女性でファンの追いかけに来たという。
ホンデイプクまでずっと話し続けた。名古屋の人。
シンチョンの五番出口は、はるかなる階段。
かばんを持ってあがるのに大汗をかいた。
5番出口をでたはよいが、方向をまちがえて歩いていた。
正反対方向に引き返して、やっと「シンチョンやすらぎ」を見つけた。

三階のやすらぎまで重いかばんをぶつけながら(階段が急でそうなった)
入り口までいったが、ドアがロックされていた。
ソフト サーバーズマン050を起動して通話しようとしたら、
「起動中」と表示され、つながらない。
国番号82がいらないかと010からしてもだめ。
スマートークで試したら、かけたとたんに切れる。
スマホに標準でついていた電話でためしたら
「国際通話になるので設定が必要」とのメッセージが流れた。
この間、何度もドアをたたき、叫んだが、応答なし。
そのうち呼び鈴がついているのに気づき、
鳴らし続けたが、状況は変わらず。
かばんはいったんテラスにおろして
またたたき続け、電話をし続ける。
三十分ほどして宿泊している若い女性が出てきてあけてくれた。
ここの人はいないことが多いという。
受付に名簿があり鍵が添えてあった。
また4階の部屋までやっとこさ荷物を持ち上げる。
多量の汗のしみこんだ衣服を脱ぐが、汗が収まらず。

無線LANも不安定で、写真転送もうまくいかなかったりする。
ここの宿のネットワークが表示されていない。
別のLANを選択したらやっと安定した。
サーバーズマン050で家にも通できた。
ただ、ブチブチ切れて通話は成り立たなかった。
ドアのところで通話できなかったのは
ネットワークがうまくつながっていなかったためのようだ。

管理人に会おうとして何度も三階へ行くが会えない。
夜中になってひえてきて、寝具を追加してもらおうと思って行っても、いない。
呼び鈴をならしても誰もでてこない。

LINEやKakaotalkでたくさんのメッセージをやりとりした。
外は飲食外でふけるまでにぎやかだ。
夜中二時に目覚めてもまだやかましかった。

a:1937 t:1 y:0

コメント



認証コード8041

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional