Lernu Esperanton! 理論的に作られた国際共通語エスペラントを学びませんか

Win10とxubuntu16.04の二重ブート

カテゴリ:PC

Win10とxubuntu16.04の二重ブート

xubuntuをUSBメモリにずいぶんとインストールした。

ほんとはHDDからの二重ブートをしたかったのだが、
パーティションをまちがうとWinをだめにしてしまうおそれがあり、
手が付けられないでいたが、

訪韓を前に、荷物を減らすために [smile]
本日挑戦して成功したので、その記録。

入れたPCは、2007年1月発売のPanasonic DF-W5。
もとWin XP入り。いまWin 10になっている。
HDDは60GB。

Windowsでの操作

1 「起動の高速化」をきっておいたほうがよさそうだ。
 コントロールパネル→ 電源オプション→ 電源ボタンの動作を選択する→ 高速スタートアップを有効にする(推奨)の✔をはずす。
(「現在利用可能ではない設定を変更します」をクリックするとできるようになる)

2 「ディスクの管理」を起動する。
(コントロールパネル→ 管理ツール→ コンピューターの管理→ ディスクの管理)

w01.jpg

3 Windowsが入っているC: を右クリック→ ボリュームの縮小で
次の画面になる。

w02.jpg

4 これが終わると、次の画面になる。

w03.jpg

5 念のため、現在どれぐらいHDDを使っているか確認。13GB程度。

w04.jpg

6 Windowsには30GBほどあればよいかと判断して、数字を修正。

w05.jpg

7 「縮小」に多少時間がかかる。終わるとこうなっていた。

w06.jpg

8 Winをシャットダウンし、xubuntuライブ版から起動する。

xubuntuでの操作

1 「体験版」にするとデスクトップに「インストールアイコン」ができる。
 そこからクリック。まず、言語を選択する。
x01.jpg

2 両方に✔をいれたほうがいいだろう。
x02.jpg

3 無線LANの選択をする。ケーブル接続のときは出ない。
x03.jpg

4 「インストールの種類」は必ず「それ以外」を選択する。
x04.jpg

5 さきほどWinで作った「未割り当て」領域が「空き領域」と示されている。
ここをクリックして選択。
x05.jpg

6 [+]をクリックするとこうなる。
x06.jpg

7 次のように設定を変える。スワップは2GBでいいかと思ってこうした。
 必ず「論理パーティション」「この領域の終点」「スワップ領域」を選択。
x07.jpg

8 さらに[+]をクリックするとこうなる。ここにwubuntuがインストールされる。
残りの全領域をそのまま選択。
x08.jpg

9 設定を次のようにする。
  必ず「基本パーティション」「この領域の始点」
 「ext4ジャーナリングファイルシステム」を選択。
 マウントポイントには「/」を選択。
x09.jpg

10 このようにできあがった。
 「ブートローダをインストールするデバイス」がsdaであることを確認して
[インストール]をクリック。
x10.jpg

11 警告が現れる。[続ける]をクリック。
x11.jpg

12 場所を選択。
x12.jpg

13 キーボードレイアウトを選択。そのままでよい。
x13.jpg

14 情報を入力する画面になる。
 わたしは「自動的にログイン」にした。
x14.jpg

15 インストール中に、次の画面が現れる。
x15.jpg
x16.jpg
x17.jpg
x19.jpg
x20.jpg
x21.jpg
x22.jpg

16 下のバーの上の説明部分をクリックすると
インストール状況が見える。
x23.jpg

17 インストール終了。
x25.jpg

18 すぐには再起動しないで、GPartedを起動してHDDの様子を見た。
x26.jpg

19 再起動してxubuntuから起動させる。最新版に更新する。
 メニュー→ 設定→ ソフトウェアの更新
x27.jpg
x28.jpg

20 更新完了。再起動してすべて完了。
x29.jpg

21 起動後、10数秒のBIOSチェックが済んだあと、
起動メニューがあらわれる。
 ■そのまま10秒ほおっておくと(またはそのままEnterを押すと) xubuntuが起動する。
 ■最下段がWindows10の選択になっている。

a:733 t:2 y:0

コメント



認証コード6455

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional