Lernu Esperanton! 理論的に作られた国際共通語エスペラントを学びませんか

Androidでも親指シフト入力に

カテゴリ:PC

Androidでも親指シフト入力に

アンドロイドでは文字をぽちぽち打ち込んでいましたが、
ふと思い立って、ポメラD-100をブルートゥースで接続しました。
このポメラは親指仕様にしてあり、ふだんの入力は親指シフトです。

キーボードモードで接続したら、ポメラの画面では文字入力が消えます。
文字は相手がわだけにでるのです。

  • 案の定、だめ。
    ローマ字入力しか受け付けませんでした。

それでまたふと思い立って、
Google Playで「親指シフト」をさがしたら、
唯一「OyaWnn」というアプリがあったので、
さっそくインストールしました。

oyawnn.jpg

ポメラD-100からアンドロイドに親指シフト

そこでポメラから文字を送ると、
おおっ、かなが転送できた!!

親指も有効だと喜んだのもつかのま、
シフトがうまくきかないことに気づきました。

OyaWnnの設定で、
左シフトに[無変換]はOK、ところが右シフトに[変換]が指定できません。
しかたなく、右シフトに[スペース]を当てました。

使ってみると、[無変換]のシフトの動作が異常で、
勝手にいろいろなソフトを起動してしまいます。

  • 長時間いじって、結局、ポメラからのAndroid親指入力は無理だ、
    という結論に達しました。

ELECOM TK-FBP014から親指シフト

しばらくしまいこんであったブルートゥース・キーボードをひっ張りだし、
電池を入れて使用開始しました。

右シフトはいいのですが、
左シフトが[スペース]に割り当てられていました。

そこで、OyaWnnがわの設定で、
[無変換]を左シフトに割り当て直しました。

すると、どうだ。パーフェクトでした!

  • 外部キーボードを接続すると
    Androidアプリ内のソフトキーボードが消えるので
    画面が広く使えてますます便利です。

注意事項

  1. Android上で書き込もうとすると、
    OyaWnnはただのフリック入力画面になり、
    親指入力はできません。
    必ずキーボードを接続します。
  2. ブルートゥース・キーボードからかな入力にすることはできません。
    画面をタップするとかな入力画面になります。
    いったん起動すると半角キーでローマ字に切り替えることができます。
  3. ファンクションキーは動きません。
    画面上で操作します。
  • なお、この文章はWindows10上で書いていますが、
    Q's Nicolatterというソフトで親指入力しています。
    キーボードはUSB接続の普通の日本語109キーボードです。
    ただ、ペルシア文字を書いた紙をほとんどのキーに貼ってあるので、
    右下の「る・め・ろ」以外のかなは全く見えません。

a:2089 t:5 y:1

コメント



認証コード6670

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional