Lernu Esperanton! 理論的に作られた国際共通語エスペラントを学びませんか

macでの 新 エスペラント文字入力法

カテゴリ:PC

macでの 新 エスペラント文字入力法

これまでmacでは
 klavaro_Esp_J を使う方法 (KLEGのウェブサイト)
 ABC – Extended を使う方法 (JEIのウェブサイト)
の2つが知られていたと思います。

いずれも、optionキーを利用して、文字を変更する方式です。
 klavaro_Esp_J: 入力に[Esperanto]、option s = ŝ
 ABC – Extended: 入力に[ABC-Extended]、option + 6, s = ŝ

これでは、スラスラと高速タイピングなどは望めないと思ったので、
押すだけで、そのまま字上符文字が打てる方法を作ってみました。

dank' al @s-show

代用表記法もあります。ĉapeligilo

ABC - Extendedを設置

「ABC - Extended」が上のバーに表示されていなければなりません。
「英字」や「US」では動きません。

次のようにして設定してください。
 りんご →システム環境設定 →キーボード →入力ソース[+]
 →英語→ ABC - Extended →追加
そして、タスクバーでこれを選択しておきます。

Karabiner-Elementsをインストール

キー配置を変えてくれるアプリです。
App Storeにはないのでネット検索して、インストールします。

隠しファイルが見えるようにする

隠し領域にデータを置くことになるので、
隠しファイルが見えるようにしておきます。

Lauchpad →その他 →ターミナル
と進んで、次の行を打ち込んで、enterを押します。

defaults write com.apple.finder AppleShowAllFiles TRUE

何も変化がなくて終了しますが、それでよいのです。
さらに、次の行を打ち込んでenter。

killall Finder

ここで終わりです。ターミナルを消します。

設定ファイルをダウンロード

次の文字変更を設定するファイルを、右クリックでダウンロードください。
ただのテキストファイルです。
supersigno_eo.json

設定ファイルを移動

Finderを起動します。隠しファイルは薄い字で表示されます。

次のフォルダに入り
Macintosh HD →ユーザ →(自分) → .config(隠しファイル)
以下、次のように進み、
.config/karabiner/assets/complex_modifications/
この中に
supersigno_eo.json
を移動/コピーしてください。

これが済んだら、command + shift + .(ピリオド)で
非表示にしてください。
うっかりいじると大変なので。

設定を有効にする

Lauchpad →Karabiner-Elements と起動し、
Complex Modificationsタブを押します。
左下の[Add rule]をクリックすると、
supersigno_eoが表示されるので、Enableを押します。
これで設定は完了しました。

この設定は記憶されるので、いちいち起動する必要はありません。

実際のキー配置

ワープロやエディタを起動して書いてみましょう。
キーは次のように変更になっています。
 q --> ŝ
 w --> ĝ
 x --> ĉ
 y --> ŭ
 @ --> ĵ
 [ --> ĥ
shiftを押しながらタイプすると、大文字になります。
これで、流れるように、エスペラントをタイプできます。

この文字配列は、わたしがxubuntuやWindowsで設定しているものと
そろえたものです。

ご注意

  1. 英字・日本語を入力するとき、この6つのキーは影響を受けて、キートップとは違ったものになります。
    (xubuntuやWindowsではキー1つで、完全に切り替えできるのですが)
  2. これを避けるには、Karabiner-Elements - Complex Modificationsタブ - supersigno_eo - Remove とします。再び Enableすればまた使えるようになります。
  3. この方法は、長いエス文のためと思った方がいいでしょう。日本文の中にエス文が少し入る程度の文章は、冒頭に書いた2つの方法を取るのが手間がいらないかもしれません。

さらにご注意

上の方法は、手持ちのHigh Sierraで実行したものです。
いかなる不具合があれ、個人責任でお願いします。

a:306 t:3 y:0

コメント



認証コード5545

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional