Lernu Esperanton! 理論的に作られた国際共通語エスペラントを学びませんか

sassa_06

6 発音 k ~ z さらに

 |もどるリストへ

ローマ字読みで、太字はアクセントです。
後に子音がなければ長めに読みましょう。
 (右がわの英語は似ている語の参考)

15kvieta(英)quiet
16letero(英)letter
17metalo(英)metal
18neŭtrala(英)neutral
19okcidenta(英)occidental
20paĝo(英)page
21rajto(英)right
22senco(英)sense
23ŝarĝi(英)charge
25tajdo(英)tide
25universo(英)universe
26ropo(英)Europe
27valoro(英)value
28oazo(英)oasys

太字はアクセントです。

15kvietaクヴィエー静かな
16leteroテー手紙
17metaloター金属、メタル
18neŭtralaネウトラー中立の
19okcidentaオクツィデン西の
20paĝoパージョページ、頁
21rajtoライ権利
22sencoセンツォ意味
23ŝarĝiシャル積む、充電する
24tajdoタイ
25universoウニヴェル宇宙
26ropoローヨーロッパ
27valoroヴァロー価値
28oazoアーオアシス

英語などの民族語では2字を組み合わせて別の発音になることがありますね。
たとえば elephant(英) エレントでなく、ファ
エスペラントでは elefanto エレファント です。

south(英) サウトゥでなく、。(ほんとは舌をかんで出す音)
エスペラントでは suda スー

エスペラントでは合字して、別の発音になることはありません。
次のエスペラントを読んでみてください。
lipharo 口ひげ
multhoma 多人数の

正解は
lip/haro で、リ・ハーロ。×ファーロ。
mult/homa で、ムルトゥ・ホーマ。×ムルソーマ。

つい、英語が乗り移ってしまうことがあります。 [smile]
do を ドゥー と言われてびっくりしたことがありました。
エスペラントでは「ド/ドー」(では)なのです。

Esperanto を「エスパレァントゥ」のように
英語なまりでいってはいけません。

a:546 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional