Lernu Esperanton! 理論的に作られた国際共通語エスペラントを学びませんか

本日の韓国語レッスン「半夜月」

本日の韓国語レッスン「半夜月」

MieqSeq_foto.jpg

ミン皇后は、国王が女のもとに
自分を捨てて通っていくことに
歯を食いしばった。

理性に戻ると、まずその女官の名を知りたいと思っした。
宮中のしきたりに通じた侍女を腹心にしたいと思い、
感古堂で教育係をした半夜月を呼んで
玉のかんざしをくれたり、
「ほんとの妹のように思っているぞ」などと、
またことばで篭絡したのであった。

半夜月は王が昨夜も寝室を空けたことを
すでに知っており、
皇后を慰めるのであった。

a:1549 t:2 y:2

  • 第1章「女傑の誕生」
    • 6 この子を紫英と名付けた
      5 閔致禄、産褥の妻と語る
      4 大きな泣き声の赤子生まれた
      3 屋根に瑞兆が出現
      2 遅い出産にいらだつ閔致禄
      1 出産を待つ閔致禄とその背景

コメント



認証コード0284

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional