Lernu Esperanton! 理論的に作られた国際共通語エスペラントを学びませんか

sassa12

12 形容詞・動詞不定法・'(アポストロフ)

形容詞語尾 -a・aをつけると形容詞になります。bela(美しい)
・人称代名詞にaをつけると所有を表します。(mia)わたしの
・名詞とあわせると、次のような形をとります。
 -a -o, -aj -oj(複数), -ajn -ojn(複数対格)
・名詞が先にきてもかまいません。
 -o -a, -oj -aj(複数), -ojn -ajn(複数対格)
動詞不定法 -i・辞典にはこの形でのっています。
・動詞と名詞の意味をあわせて持っているかたちです。
 (~、~すること)
・「できる」「ねばならない」などの補語としても用います。
 povas veni(来られる), devas veni(来なければならない)
母音の省略・名詞語尾を'で代用できます。アクセントの位置は変わりません
・定冠詞laをl'と表記できます。

ya_migi.gif読んで意味を知ろう

  1. Pasis multaj semajnoj.
  2. ironiaj rimarkoj de mia patrino
  3. Mi admiris la gramatikan simplecon.
  4. Mi legis kelkajn librojn kaj poemojn.
  5. Vi povos iam verki perfektan poemon.
  6. Li longe ne tuŝis la plumon por skribi leteron.
  7. Esperanto bezonas homojn kaj korojn talentajn.
  8. Ĉiuj parolis apartan lingvon.
  9. Kio disigis la homan familion?
  10. Tio ĉi turmentis mian infanan animon.
  11. Mi forĵetis diversajn infanajn utopiojn.
  12. Germanan kaj francan lingvojn mi lernadis.
  13. Ĝin mi jam multajn fojojn vidis.
  14. La sinjoro komencis laboradi en ĉi tiu direkto.
  15. Mi vagis sur dorna la voj'.

ya_migi.gifya_migi.gif読みと意味

  1. Pasis multaj semajnoj. パースィス・ムルタイ・セマイノイ たくさんの週が過ぎた。
     動詞を最初に出した。
  2. ironiaj rimarkoj de mia patrino イロニーアイ・リマルコイ・デ・ミーア・パトリーノ わたしの母の皮肉な評価
  3. Mi admiris la gramatikan simplecon. ミ・アドミーリス・ラ・グラマティーカン・スィンプレーツォン わたしは文法的な簡単さに驚きました。
  4. Mi legis kelkajn librojn kaj poemojn. ミ・レーギス・ケルカイン・リーブロイン・カイ・ポエーモイン わたしはいくつかの本と詩を読んだ。
  5. Vi povos iam verki perfektan poemon. ヴィ・ポーヴォス・イーアム・ヴェルキ・ペルフェクタン・ポエーモン 君はいつか完璧な詩を書けるだろう。
     povas -iの例。povasは動詞である。
  6. Li longe ne tuŝis la plumon por skribi leteron. リ・ロンゲ・ネ・トゥーシス・ラ・プルーモン・ポル・スクリービ・レテーロン 彼は長いこと手紙を書くためにペンに触れなかった。
  7. Esperanto bezonas homojn kaj korojn talentajn. エスペラント・ベゾーナス・ホーモイン・カイ・コーロイン・タレンタイン エスペラントは才能ある人と心を必要としている。
     最後のtalentajnが前の2つの名詞homojn kaj korojnにかかっている。
  8. Ĉiuj parolis apartan lingvon. チーウイ・パローリス・アパルタン・リングヴォン みなが別の言語を話しました。
  9. Kio disigis la homan familion? キーオ・ディスィーギス・ラ・ホーマン・ファミリーオン? 何が人間の家族を分けたのか?
  10. Tio ĉi turmentis mian infanan animon. ティーオ・チ・トゥルメンティス・ミーアン・インファーナン・アニーモン これがわたしの子供の魂を苦しめました。
  11. Mi forĵetis diversajn infanajn utopiojn. ミ・フォルジェーティス・ディヴェルサイン・インファーナイン・ウトピーオイン わたしはいろいろな子供っぽいユートピアを投げ捨てました。
  12. Germanan kaj francan lingvojn mi lernadis. ゲルマーナン・カイ・フランツァン・リングヴォイン・ミ・レルナーディス ドイツ語とフランス語をわたしは習っていた。
     目的語を最初に出した。ドイツ語・フランス語とあわせて2言語だからlingvojnとなる。
  13. Ĝin mi jam multajn fojojn vidis. ジン・ミ・ヤム・ムルタイン・フォーヨイン・ヴィーディス それをわたしはもう何度も見ていた。
     ここの対格-ajn -ojnは回数を表している。
  14. La sinjoro komencis laboradi en ĉi tiu direkto. ラ・スィニョーロ・コメンツィス・ラボラーディ・エン・チ・ティーウ・ディレクト そのお方はこの方向で働き始めた。
  15. Mi vagis sur dorna la voj'. ミ・ヴァーギス・スル・ドルナ・ラ・ヴォイ わたしはいばらの道をさまよった。
     普通ならsur la dorna vojoだが、詩の口調をあわせるため、なんとdornaとvojoの間にlaを持ってきてsur dorna la vojoとし、さらにvojoの母音を省略をした。

cyekku_midori.png 16条文法より
 (5条の一部) 人称代名詞
 (6条の一部) 動詞不定法
 (16条の全部) 母音の省略

初稿2014-05-31

a:1159 t:1 y:1

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional