Lernu Esperanton! 理論的に作られた国際共通語エスペラントを学びませんか

sassa15

15 接頭辞

エスペラントでは語の前につける接頭辞や
語のあとにつける接尾辞が発達しています。

もとの単語に小さい(1音節の)パーツをとりつけることで
単語の意味を変化させます。

  • amo (アーモ,愛)にmal (マル,正反対)という接頭辞をつけて
    →malamo (マルアーモ,にくしみ) に変えてしまいます。
  • pura (プーラ,清い)にmal (マル,正反対)をつけて
    →malpura (マルプーラ,きたない) になる
    といったぐあいです。

正反対の意味のmalを知っただけで、
おぼえるべき単語が半分になった、ということです。

morti(モルティ,死ぬ)という単語は知っていて
naskiĝi(ナスキージ,生まれる)を知らない人がいたそうです。

その人が必死に作ったことばは
malmorti(マルモルティ)=死ぬの正反対→生まれる!!

こんな単語は初めて聞きますが、おそらく聞いていた人は
にんまりしながら、すぐに理解したと思います。

理解できることであればいいのですが、
なかには理解できない単語も作り出せます。

vizaĝo(ヴィザージョ,顔)→malvizaĝo(マルヴィザージョ,顔の正反対って????)
viro(ヴィーロ,男)→malviro(マルヴィーロ,男の正反対って????)
 「女」のつもりで使ったとしたら、これはおかしい。正反対ではなく「対」なのです。

このように接頭辞・接尾辞を使うことによって
爆発的に単語数をふやすことができるのです。

さあ、ここでは「接頭辞」の学習をしましょう。

接頭辞には、品詞語尾や接尾辞をつけて、独立の単語とすることができます。

mal(正反対) → mala(マーラ,反対の) male(マーレ,逆に) malo(マーロ,逆) maligi(マリーギ,反対にする)
ĉef(主要な) → ĉefo(チェーフォ,チーフ・長) ĉefa(チェーファ,主な) ĉefe(チェーフェ,主に)

接頭辞をつけるはと「子音+母音」になる時は、
くっつけて読まないで、離して発音します。

  • malamo(にくしみ) ← mal/am/o 「マラーモ」ではなく「マアーモ」
  • ekiru(さあ行け) ← ek/ir/u 「エキール」ではなく「エイール」

ya_migi.gif読んで意味を知ろう
 接頭辞は次の11個です。

  1. Vi ne demandu la bofilinojn pri iliaj bopatroj!
  2. La homa familio disiĝis kaj ĉesis kompreni unu la alian.
  3. Vi estas tie ĉi, en la ĉefurbo.
  4. Sed ni ekvojaĝis en la blovegado.
  5. Multaj membroj eksiĝis de la societo de Volapuko.
  6. La gesinjoroj nenion diris dum lia rakontado.
  7. Nur tre malmultaj el ni povis veni en vian landon.
  8. Li ne misuzis vian influpovon.
  9. Kie loĝis iliaj prapatroj antaŭ kelke da miljaroj?
  10. Unue mi redonas al vi la monon.
  11. Kiel vicprezidanto, mi helpos la novan prezidanton.

ya_migi.gifya_migi.gif読みと意味

  1. Vi ne demand/u la bo/fil/in/o/j/n pri ili/a/j bo/patr/o/j! ヴィ・ネ・デマンドゥ・ラ・ボフィリーノイン・プリ・イリーアイ・ボパートロイ 義理の娘たちにその義理の父母について尋ねてはいけない。
     demand/u 尋ねるな。bo/fil/in/o/j/n 義理の/息子/女/たちに。pri ついて。ili/a/j かれらの。bo/patr/o/j 義理の/父母たち。
  2. La hom/a famili/o dis/iĝ/is kaj ĉes/is kompren/i unu la ali/a/n. ラ・ホーマ・ファミリーオ・ディスィージス・カイ・チェースィス・コンプレーニ・ウーヌ・ラ・アリーアン 人の家族は別れ行き、互いに理解することをやめた。
     hom/a 人/の。famili/o 家族。dis/iĝ/is 分かれた。kaj そして。ĉes/is やめた。kompren/i 理解すること。unu la ali/a/n 互いに[数少ない熟語のひとつです]。
  3. Vi est/as tie ĉi, en la ĉef/urb/o. ヴィ・エスタス・ティーエ・チ・エン・ラ・チェフウルボ きみはここ、首都にいるんだ。
     tie そこ。ĉi 近く。tie ĉiで「ここ」。en 中。ĉef/ur''b/o 主な/都市(=首都)
  4. Sed ni ek/vojaĝ/is en la blov/eg/ad/o. セド・ニ・エクヴォヤージス・エン・ラ・ブロヴェガード だがわしらは大嵐の中を旅に出た。
     sed しかし。ek/vojaĝ/is 始める/旅行した。blov/eg/ad/o 吹く/大いに/継続=大嵐。
  5. Mult/a/j membr/o/j eks/iĝis de la soci/et/o de Volapuk/o. ムルタイ・メンブロイ・エクスィージス・デ・ラ・ソツィエート・デ・ヴォラプーコ 多くの会員がヴォラピュクの会から脱退した。
     mult/a/j 多くの。membr/o/j 会員・メンバー。eks/iĝis 退会した。soci/et/o 社会/小さい=会。de の。Volapuk/o ヴォラピュク語
     ドイツの聖職者が創造した言語で、エスペラントより前に広まった。その意味は「世界語」。グローバル化の波にのり、ずいぶんはやった。しかし文法がむずかしく、話せる人もごく少数で、エスペラントにおされて10年ほどでほぼ滅亡。この失敗は、ひとびとの「国際語」の期待へ大打撃をあたえた。
  6. La ge/sinjor/o/j nenio/n diri/s dum li/a rakont/ad/o.
  7. Nur tre mal/mult/a/j el ni pov/is ven/i en vi/a/n land/o/n. ラ・ゲスィニョーロイ・ネニーオン・ディーリス・ドゥム・リーア・ラコンタード その紳士淑女はかれが話しているあいだ何も言わなかった。
     ge/sinjor/o/j 両性の/紳士。nenio/n なにも~ない。diri/s 言わなかった。dum あいだ。li/a 彼の。rakont/ad/o 話す/継続=話し続けること。
  8. Nur tre mal/mult/a/j el ni pov/is ven/i en vi/a/n land/o/n. ヌル・トレ・マルムルタイ・エル・ニ・ポーヴィス・ヴェーニ・エン・ヴィーアン・ランドン われわれのうちのほんの数人があなたの国に来られました。
     Nur たった。tre とても。mal/mult/a/j 正反対/多い。このあとにhomoj(ホーモイ)が省略されている。el のうち。pov/is できた。ven/i 来ること。vi/a/n あなたの。land/o/n 国に。
  9. Li ne mis/uz/is si/a/n influ/pov/o/n. リ・ネ・ミスウーズィス・スィーアン・インフルポーヴォン あの人は自分の影響力を適切に使った。
     mis/uz/is 間違って/使用した。si/a/n 自分の。influ/pov/o/n 影響/力/を。
  10. Kie loĝ/is ili/a/j pra/patr/o/j antaŭ kelk/e da mil/jar/o/j? キーエ・ロージス・イリーアイ・プラパートロイ・アンタウ・ケルケ・ダ・ミルヤーロイ? かれらの祖先は数千年前どこに住んでいたのか。
     'Kie どこ。loĝ/is 住んだ。ili/a/j かれらの。pra/patr/o/j 原初の/父たち=祖先たち。antaŭ 前。kelk/e da いくつかの。mil/ja''r/o/j 千/年。
  11. Unu/e mi re/don/as al vi la mon/o/n. ウヌーエ・ミ・レドーナス・アル・ヴィ・ラ・モーノン まずは君にお金を返そう。
     Unu/e 最初に・第一に。re/don/as 返す/与える=返却する。al ~に。mon/o/n お金を。
  12. Kiel vic/prezidant/o, mi help/os la nov/a/n prezidant/o/n. キーエル・ヴィツプレズィダント・ミ・ヘルポス・ラ・ノーヴァン・プレズィダントン 副会長としてわたしは新会長を助けるつもりです。
     kiel として・のように。vic/prezidant/o 副/会長・大統領。help/os 助ける。nov/a/n 新しい。

himawari3.jpg

初稿2014-06-04 更新2014-06-08

a:1302 t:1 y:1

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional